HOMEアマチュア無線で 遊/楽/創 アンテナ画像掲示板検索
この画像掲示板は、「アンテナ」です。
 自作・メーカー製は問いません。
 移動運用のものや、実験をした残骸と結果などを。
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 144MHz移動用1/2λダイポール  JR3GOX@児玉  2017年3月14日(火) 14:55
修正
現在、常置場所にアンテナが上がっていません。
何とか、しようと色々考えていましたが、
常置場所での取り付けは、ベランダから斜めにポールを出す形になります。
この状態で、垂直タイプにする必要がありました。

塩ビパイプを使用した、1/2λダイポールを作りました。
このアンテナの長所は、
水平でも、垂直でも、斜めでも、ポールの角度にかかわらず、
形を作ることが出来ました。

SWRは、概ね1:1.2で、インピーダンスは、35Ωでした。

とりあえず、久しぶりに常置場所から電波を出すことが出来ました。

問題点は、エレメントの取り付けに、圧着端子を使用していますので、強度が無く、
素材の変更が必要です。
又、インピーダンスを50Ωに・・・バランを入れて見る必要が有るかも・・・


 エレメントの強度補強しました。  JR3GOX@児玉  2017年6月24日(土) 22:49 修正
エレメントを圧着端子のみで使用しようとしましたが、
強度不足で曲がるので、補強をしました。

L型の金具を半分に切り、圧着端子に添えてみました。
一応強度は保たれています、

 多巻きスモールループアンテナ1  JR3GOX@児玉  2017年4月6日(木) 15:24
修正
以前、奈良県桜井市のOM局に、材料の加工をしていただき。
4名で製作講習会をしていただきました、多巻きスモールループアンテナです。
下ろして3年、その前に4年ほど設置してました。

このアンテナは、オートアンテナチュ−ナ−を使用して、HF帯をカバーします。
評価は、ノイズが多い、受信感度が悪い、相手への信号が弱い、など、
あまり良い評価が無い用です。
しかし、以前の住居環境は限られたスペースでワイヤーアンテナが設置出来ませんでしたので、重宝していました。
ただ、深夜の運用で、再チューニングのATUのリレーの音が、かなり気になりました。

現状、ビニールテープ、インシュロックの劣化があり、交換をします。

 多巻きスモールループアンテナ2  JR3GOX@児玉  2017年4月6日(木) 15:37 修正
パイプの接続部は自己融着テープで処理をして、ビニールテープで保護をしています。
結束バンドは、耐熱・耐候性にある物を使用しました。

この多巻きスモールループアンテナ、直径85cmの7ターンです。
全長は18.6mも有り、当時はJRCのATUを使用し、HF帯をカバーしていました。
ATUをブームに水平に取り付けて使用していました。
水抜きのことを忘れており、下ろしたときにATUからかなりの水が出てきました。

さて、このアンテナをATUを使用せずに使うことが出来るのか?
幾つかの方法を試してみようかと考えています。
果たして・・・・

 50MHz2エレHB9CV  JJ3GCR  2016年5月24日(火) 21:53
修正
GWに昨年「遊楽創」閉館時に譲っていただいた、
50MHz2エレHB9CVの補修および調整を行いました。

1.欠損していたエレメントの作成とマスト取付具の作成の実施。
2.エレメント長の推測およびSWR調整。
  当初、狭いマンションのベランダで行ったところ、全く調整点が
  見出せず、、、
  屋外へ持ち出してで調整したところ、結果良好。

少しエレメントの根元が歪んでますが、0.5Wでしっかり飛んで行ってくれました。

 復活!ありがとうございます。  JR3GOX@児玉  2016年5月25日(水) 22:06 修正
JJ3GCR 風能 さん

移動用の50MHz2エレHBCV9の修理と言うか、
復活をしていただき、感謝です。

多分、(故)JA3PAV 仁木OMが移動運用に使われておられ、
当局が引き受けましたが、何も出来ませんでした。
再び電波を出せれるようになって、ホッとしています。

OMの思いが何か繋がれば・・・・
ご無理を申し上げました。


 50MHz デルタループアンテナの調整  JA4CNG  2016年5月2日(月) 17:26
修正
2月21日に参加をした、岡山県支部の技術講習会で作った、
デルタループアンテナですが、その後、何もせず、保管状態でした。
大阪の仲間も、移動用のHB9−CVの調整をされることで、
晴天の中、あらためてチェックと調整をしました。

SWRは、クラニシBR−200を使用し、
48.5MHz〜52.6MHz付近まで、ほぼ、1:1.2以下でした。

非常に広範囲に同調がとれて、びっくりしました。

問題点が・・・
マストへの取り付けUボルトが、28mmでしたので、
少し大きな物に変えないと、手持ちのポールに合いません。

マッチング部の給電部、コンデンサ部が、むき出しのままですので、
防水なり、ある程度の強度を持たせる必要があるのではと、考えています。

手持ちの、200Ω給電(4:1バランを使用)のデルタループと
比較してみたいと考えていますが、
いつ、移動運用をしようか・・・ これが問題です。

 サガ電子 AL-1200FUM  JR3GOX@児玉  2015年12月8日(火) 22:08
修正
サガ電子 AL-1200FUM

OMさんからのお下がりの、アローラインの1200MHzモービル用です。
全長は40cmで、ゲインは5dBiです。、
結構遠くの局とのQSOや、レピーターのアクセスが出来ていたと思います。
久しぶりに見つけて、とりあえず写真を撮るために基台へ取り付けてみました。
チョット変わったアンテナを付けたい時期がありました。

 1200MHz 2エレ 1λヘンテナ  JR3GOX@児玉  2015年11月17日(火) 22:05
修正
原型は、CQ誌 1996年10月号
「1200MHz携帯用ヘンテナ」JI0GNV 松原 浩 氏の記事です。
1200MHzですので、1λヘンテナでも小さく作る事が出来ます。
エレメントは2mm厚のアルミ板です。
当時、私自身は折り曲げに失敗をして何度か作りました。
雑な性格でうまく作れませんでしたが、
当時一緒に作っていた仲間の物を保管していました。
2エレメントですので、5エレ八木程度のゲインかと思います。
モービルへの取り付けは、塩ビのパイプを使用しています。


当時は、1200MHz、2400MHzのレピーター団体のメンバーで、
色々と作って楽しんでいました。
モニター用に、たまたま方角が良かったので、2階の窓に、2mmの導線で1λヘンテナをセロテープで留めて運用・チェックをしていました。
いくつか当時の物が有るので、処分の前に掲載をしていきます。

写真は、移動先での運用設置です。 

 ダイアモンド DP-NR121  JR3GOX@児玉  2015年10月29日(木) 18:44
修正
1200MHz 1/2λノンラジアルホイップです。
なぜ購入したのか覚えていません(衝動買い?)し、
少しの期間、使用していました。
思い出してみると、1200MHzのレピーターでは、設置場所の問題もありますが、
高ゲインのアンテナを使用しなくてもアクセス出来ていました。(見栄))
ただ、エリアを外れるときは、少し長めのアンテナに切り替えていました。
面倒になったので、そのまま・・・
小さい物なのでどこにでも入って、隠れていました。
ちなみに、ゲインは2.15dbi 長さはわずか14cmです。

 2400MHz1λヘンテナ(反射器付き)  JJ3GCR@ふうの  2015年10月19日(月) 22:13
修正
中古の2400MHzトランスバーターを入手した頃に製作
とりあえず製作した2400MHz1λヘンテナに「+αしたいな」と思いつつ
「ANTENOR」の焼菓子の空き缶を眺めていたら、何か「ビビッ」と来て作りました。

蓋を反射器にして1λヘンテナをプリンの空容器に小細工して装着しました。
(^-^)指向性は「甘い」かも(^-^)
器は破損防止のケース兼小物入れになるので物置へ雑にしまい込んでも安心です。
(器がプラスチック製だったらそのまま使えるんですが、次回の宿題ということで)

交信実績は今のところ1局です。

 さすが・・・  JR3GOX@児玉  2015年10月20日(火) 10:34 修正
ふうのさん さすがですね。
ケースのふたが反射器とは・・・

私も1200MHzで2エレの1λヘンテナを作りました。
一度探してみます。


 2400MHzは  太田@JF2UJG  2015年10月22日(木) 20:58 修正
風能さん
こんにちは
太田@JF2UJGです。
いつのまにか2400MHzですか、私は未だ2400MHz関連はないものですから・・・手に入れたいと思っているのですが。まだまだこれからです。
街中の2400MHzは使いものにならないと聞きますがどうでしょうか。
山などに移動すれば使えそうですか?。
(ふと思い出しましたが、2400MHzからのダウンコンバータのジャンク品があったような気がしますが。動作確認する方法がなくてそのままだったような気がします。)


 HFマルチバンドGP CP−6を設置  JM3IHX@濱田  2015年10月6日(火) 13:52
修正
アマチュア無線にとってはアンテナが命です。
アンテナがなければどんな高性能な無線機を買ってきても使い物になりません。
かと言って、できるだけ初心者でも簡単にできる方法が望ましいということから、
私は市販のアンテナ取付金具をベランダで使うことにより簡易に設置しました。
我が家は一戸建てですが、賃貸マンションやアパートの方も参考になると思います。
cp-6は全高4.6mあるので上の階にはみ出る恐れがありますので最上階で使うか、もっと短いのを選ぶか、という必要があるかもしれません。
普通のVHF/UHF用の高さ2m弱のものだと問題ないかもしれません。
・DXアンテナ アンテナ取付金具 格子ベランダ壁面用 MHV-135(約五千円)
・ダイヤモンド CP-6 3.5/7/14/21/28/50MHz6バンドグランドプレーン(約三万円)

過去ログ全 14件 [管理]
CGI-design